本音はムダ毛
*
ホーム > 医療 > 小児は栄養面の適正な食べ物を急がずにゆっくりと

小児は栄養面の適正な食べ物を急がずにゆっくりと

眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスを軽減するのにも一役買っています。
まだ成長期の子の場合、それと併せて大脳の成育についても深い関連性があります。ですから、しっかりと睡眠時間を確保するのは、以後に成育していく子供の脳が成熟に向かうために必須なのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、脳の発達が大きく遅延するという心配も現実になりえます。野菜ジュースにはミネラルが多く含まれます。

ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、食べ物を消化吸収したり、老廃物を排出したり、エネルギーを産み出すことなど身体の生理現象をバランスよく保つ働きを担います。

また野菜類はお通じを良くし、腸にたまった有害物質を吸着し排出する食物繊維が豊富なことで知られています。

これらは体では作り出せませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。海藻はまるで野菜のようにビタミン類にミネラルなど健康増進に役立つ成分をたくさん含有しています。



さらに血液中の白血球を強力にし、ガンや他の病気を防ぐ成分も含み、免疫力を上げるために非常に役立つ食材です。
水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。
腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。



すぐにイラっときたり、たいしたことないのに激怒する子らが急増しているとも言われています。

もちろん現代社会特有のストレスもあると思いますが、食事、中でも砂糖類の摂取が多すぎることと無関係ではありません。糖類の摂りすぎが低血糖の諸症状をまねきます。

砂糖を含む食品は血糖値を一気に上昇させます。



その変化を止めようとして膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖からくる神経症状が現れます。

成長の時期にある小児は栄養面の適正な食べ物を急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、基本的に満たされるべき人体の栄養のシーソーが乱れ兼ねません。小児喘息 水泳
一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、自分が食べられる量について実感できるようにさせているようですが、とても感心しました。
ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。全身の37兆以上の細胞を活性させ、免疫システムを強化するために、すごく大事な任務を負っているのです。きゅうりやジャガイモなどの野菜やオレンジやイチゴなどの果物の栄養のひとつであるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。海藻は動脈が硬化するのを防ぎ、改善にもつながる不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。これについては子どもらの頭脳の発育に有効であるという研究報告のある栄養素です。海藻類が希少な滋養分をもつのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。海藻を利用したサラダなどを普段からよく食べて、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

子どもが便通のリズムを身に着けさせ、それが健康に与える影響を実感させるカギは、家庭における意思疎通です。ブレックファーストをしっかり摂って、便意を感じたらトイレに座る、このリズムを体得させましょう。


加えて、便通こそが日常の体調のレベルを知らせる警報であることを伝えていきましょう。



理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナ型ではじめはプッカリと浮いて、じわっと底に沈んでいくようなものです。何か水分を求められるような場合は、何かのドリンクより水をまずは与えてください。不要な成分が入ってないため、体への浸透がスムーズなのです。

中でも起き掛けの1杯の水は、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃腸の消化のための準備が万全になります。

食べたい欲が高まりますし、冷水のクールな感覚でシャキッと頭も冴えることになります。今時は便秘になる子が結構増えています。
うんちをため込んでいる子供の場合、少しのことで疲れたり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。

排便がきちんとできていないことに気づいたら迅速な対応が求められます。



子ども向けの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。自然にスッキリできることを目指し食習慣や生活リズムが整うようにバックアップしてやりましょう。